mokmal time

日常感じたことや、考えたことなどを忘れないようにメモするブログ。

MacでMT4を動かすために“ABLENET”のVPSを選んだ譲れない3つの理由

      2014/04/05

medium_4316505671

自宅PCでの稼働をあきらめて、VPSでのMT4の稼働を決めました。
あきらめたというか、考えた結果ですが、

MacでMT4を稼働する4つの方法を考えてみて、もっとも都合の良い方法はコレだった。

さぁ、どのVPS(会社)で動かそうかと調べてみると…。



迷う迷う迷う迷う迷う。

選ぶだけでちょっと目眩がするくらいの数のVPS提供業者がぁ…。
こんなに沢山ある中で使っている人はどうやって選んでるんだろうと思いつつ、いろいろ調べてみて悩んだ末に

おすすめレンタルサーバー ABLENET

にお世話になることにしました。

photo credit: jcoterhals via photopin cc

SPONSORED LINK



ABLENETってどういう業者なの?



有名なところを挙げれると『お名前 .comデスクトップクラウド』や『使えるねっと』『GMOクラウド』などがありABLENETって初心者にとってあまり聞き慣れないって言われそうですが16年もサービス提供してきた実績があり、信用できる業者です。

会社概要
弊社は、まだ日本の商用インターネットサービスが始まったばかりの90年代から 独自開発のVPSホスティングサービスを開始し、多数のお客様からご愛顧いただいてまいりました。 長年のレンタルサーバー安定運用の実績を背景に安価な共用レンタルサーバーシステムを開発、提供しています。
ABLENET会社案内より




ABLENETに決めた3つの理由


すぐに利用できる

MT4を稼働させるには、Windowsが必要です。VPSサービス(レンタルサーバー含む)ってOSを選ぶところからスタートしてWindowsOSの場合,オプションとして取り扱われていて、だいたいは契約者本人がOSをインストールしないといけないんです。初心者からすると

どうやってやるの⁉︎

って気持ちです。初めてVPS を利用する人にとって、OSインストールなんて未知の世界です。またそれをしようものなら時間がかかり、MT4を稼働させる前に嫌になりかねません。

しかしABLENETには『Windowsオプション』というプランがあり、契約したらすでにWindowsOSがインストールされていて、OSのインストールなどの煩わしい手間が全くありません

“すぐに使えること”ってかなり重要なんですよね。時間は限られていますから。

リモートデスクトップ接続で接続が可能

EAの稼働がメインなので、放ったらかしでOK。…というわけにはいきません。いつ何時何があるかも分からないのが世の中の常。経済の状況や指標の状況によってはEAをストップする必要があります。そんな状況にすぐに対応できるリモートデスクトップは外せません!

リモートデスクトップ接続でどこでもいつでも簡単にアクセスして管理できることは資産管理という意味でも無くてはなりません。大事な資産ですからね。

その点ABLENETのVPS であえれば問題なくリモートデスクトップが使えます。ボクはMicrosoftのソフトを使って接続しています。

Microsoft Remote Desktop
カテゴリ: ビジネス
現在の価格: 無料

やっぱり信頼出来て使えるこのアプリは最高ですね。無料で使えるのが不思議なくらいです。

外出先から自宅PCへ接続なんてこともできますので、いろいろと使えるアプリです。


初心者に優しい料金設定

業者プラン容量単月半年1年
お名前.comデスクトップクラウドforFX50GB2,520円2,352円2,268円
使えるねっとシルバープラン30GB2,980円2,780円2,480円
ABLENET仮想デスクトッププラン100GB2,080円1,880円1,680円

※メモリ1G 初期費用無料

参考:お名前.comデスクトップクラウド
参考:使えるねっと
参考:ABLENET

コレが一番という訳では無いのですが、重要な項目です。自分の資産を動かすわけですしコストはお抑えるにこしたことなし。特に初めての方にはおすすめです。

プランは業者によってバラバラですがだいたい似たり寄ったり。HDの容量が多いのからメモリが多いものなど。自分に合ったプランを選ぶのであれば目的はそう、MT4を稼働させる事。単純にMT4を動かすだけならハイスペックなプランは全く必要ありません。

動かしてもMT4を2つくらいです。 他のアプリケーションを動かさないのであれば全く充分です。 目安で言うと、メモリは1G、HDDは50GB〜100GB位あれば良いかと。



まとめの話



PCの買い替え時もこれで安心。

単純に比較すると一目瞭然。っていうか全く違いますね。

マメ知識:EAなどのデータを移す簡単な方法


データに移動方法はFTPソフトを使って移動させるなどが有名ですが、EAのデータは容量が低いので自宅PCから移動させる時はDropboxがスムーズに移動できます。

FTPソフトを使う場合は自分でサーバー側にFTPサーバーの設定が必要です。ボクも最初はFTPで考えたのですが、ABLENETに聞いたところ上記回答が帰ってきたのでやめました。そんな手間はかけられません(笑)

無料で5GBまで使えます。ちょっとしたデータはDropBoxに保存できるのでVPSの容量も減らせます。使って損は無いでぜひインストールしてください。

Dropbox
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

FX関連書籍

リモートデスクトップ

MT4

 - FX ,

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

失敗しないFX口座選び!FX始めるなら迷わず海外のFX口座を勧める3つの理由

FX(外国為替証拠金取引)はここ最近で爆発で普及して、取り扱う証券会社もたくさん …

今のままで満足してる?会社員のボクが給与以外の収入を得るためにしている3つのこと

いかがお過ごしですか。@mok7malです。 たくさん稼いで豊かに生活がしたい、 …

MacでMT4を稼働する4つの方法を考えてみて、もっとも都合の良い方法はコレだった。

先日購入したiMacでWindows同様にMT4を稼働させようと試して四苦八苦し …